前へ
次へ

一戸建てをメリットとデメリット

人には生活する上で必ず衣食住の環境が必要となり、そのどれか一つがかけても人としての生活は成り立たなくなります。
その中でおそらく最もお金がかかるのが住の部分、すなわち家という事になります。
仕事柄転勤が多いために、社宅やアパート住まいが多い人もいますが、いつかは必ず終の棲家に落ち着く時が来ます。
そんな時に、マンションにするのか一戸建てにするのか悩むところですが、場所によっては選択の幅が狭くなってしまう事はやむを得ない面があります。
しかし、運良くどちらも同じ様な条件で選ぶことが出来たら、本当に迷います。
そんな時はまず、自分や家族の希望を訊いて、次にメリット、デメリットを考えましょう。
一戸建てのメリットは、上下階の騒音が気にならない事、駐車場の自由が利く事、管理組合が無く、管理費や共益費が不要な事などが上げられます。
また、閉塞感が軽減されていることもあるでしょう。
ではデメリットは、どんな形であれ、土地が必要な事、玄関や勝手口などの複数のカギを管理しなければならないこと、敷地の管理など、集合住宅とは違う面倒な事もあります。
また、一戸建ての場合は都心ではなく、郊外になる場合もあり、生活の便利さもある程度考える必要もあります。
様々面でメリット、デメリットを考えて、それでも一戸建てで良かったと思える住まいに出会いたいものです。

Page Top